忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Iラインの自己処理は危険!

今、Vラインと同様脱毛をする人が増えている部位がIライン。
またVラインと同様に自分で処理するのが難しく危険だとも言われているのが、Iライン脱毛です。自己処理をすることでメリットと言えば金銭面でしかありません。
肌を大切にしたいなら脱毛サロンやクリニックなどのプロにしてもらうことをおすすめします。
Iラインを人に見せるのは恥ずかしいという人も多いと思いますが、脱毛サロンは全て女性がしてくれるので男性が担当するなどはありません。それもエステティシャンは様々なお客様の脱毛をもう何度もしているでしょうからそこは慣れているでしょう。
必要以上に恥ずかしがることはありませんね。また、それを察したスタッフ側からも大丈夫だと言われると思います。
脱毛サロンは、一回きりではすぐに毛は生えてきます。数回通って徐々にムダ毛が生えてくるのを抑えます。脱毛では毛の周期も関係してきますので、そういった計算もしつつ通うようにしましょう。
またエステなどではお試しコースというものもありますので、もし痛みなど不安がある場合一度お試しコースをしてみるのがいいかもしれませんね。
PR

Iライン脱毛での注意

Iラインは元々下着などの擦れで色素沈着を起こしている部分になります。
また、脱毛サロンなどでも使用するレーザー脱毛も光脱毛も毛のメラニン色素に反応して脱毛を行いますので、色素沈着をしている皮膚のメラニン色素にも反応してしまうのです。
脱毛器のレーザーやフラッシュが色素沈着を起こした皮膚の中のメラニン色素に反応して火傷を起こし得るのです。
自宅でIライン脱毛をする時の注意点としては、デリケートな部分なので毛抜きやかみそりは使わない方が良いでしょう。
肌がかぶれたり荒れてしまったり、炎症ができれば病院にいかなくてはいけないこともあるので、それを防ぐためには電気シェーバーなどの肌へのダメージが少ないものを選んでください。「やっぱり脱毛サロンに通えば良かった・・・」と後悔する羽目になるかもしれません。本当ならば自宅で脱毛をすることはおすすめしていないということを忘れないでください。
また脱毛クリームなども市販されていますが、Iラインなどのデリケートな部位にこのような市販クリームをしようするのは肌荒れ原因になるかもしれませんので、気をつけましょう。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索